Manuals' style

English

(Not yet.)

Japanese

特徴的な語用法

クラスメソッド

Class.method(args..)
Class::method(args..)
method(args..)

どれがいい?--あらい

インスタンスメソッド

self[...]
self + other
method(args...)

今そうなってないのは、MethodList対応のRDをちょっといじって そのまま書いたから(手抜き)--あらい

[], []=

普通[]の中に入れる引数は[]の中に書いた方が読みやすいと思うのですが。-ZnZ

RWikiでMethodList使うとどうなるんだろう?

method(args[, ...])
[args, ...]
[begin, end] = val

使えるやん。ショック!--あらい

変更案

Array#packとString#unpackのtemplateはtemplateとして切り出す。(_の追加も。)

obsolete

TRUE,FALSE,NIL

true,false,nilに変更するべき。

  • 残ってました?(組込み定数のところじゃないですよね?)--あらい
  • 1,2個残ってました。-ZnZ

RWikiでのこと

Rubyリファレンスマニュアルの方からここを参考にして書いてね、 とリンクしてあった方がいいのでは?-ZnZ

Rubyの文法が長すぎるのかSaveで何度かエラーになったので分割希望。-ZnZ

RegexpErrorがない?

全体の構成

もっとどんどんリンクしまくってほしいです。関連する項目をみたいときに下のLinkになかったらmapとかを一度経由しないといけないのは面倒なので。-ZnZ

ちょっと今悩んでいるのは、このサイトが、マニュアル編集者にとって使い易くあるべきか、 利用者にとって使い易くあるべきかということです。もちろん両者にとって使い易いのが 理想ですが、現在の「ページ内に対してリンクが張られてない」という状態は、 利用者には不便ですよね。 →Manual's style:参照

目次

mapもツリーの構築順の関係かもしれませんが、マニュアルの下にまとまってないのが気になりますが。-ZnZ -> Manual's style:目次

footnote

footnote*1の使い方は,。。。 →Manual's style:footnote

!

Stringのところの説明ですが、!付きを使うのが普通っぽく読めるので説明の順番を逆にしたいのですが、書き直しが思いつきませんでした。-ZnZ

1.7 feature

1.7 で仕様変更、メソッド追加等あった場合ruby 1.7 featureと マークしておき、「1.7では〜です」という記述を付け足す形にしようかと 思います。1.6->1.7の変更点をまとめるのにも便利かと。。 もちろん、CVS等でブランチを管理できるようになるまでの暫定対処 ということで。。。--あらい

Ruby Tips

というわけで始めてみたRuby Tipsなのですが どうなんでしょう?こういうのって原作者の了解が必要?ML topicsの方が良 いかな?(しばらく様子みてダメなら消そう)-あらい


*1これのこと



The RWiki