ChangeLog 最新ページ

Rabbit - あかぴのChangeLogメモ

最終更新時間: 2017-08-27 06:53

2011-07-15 Fri

126日後/Rabbit 1.0.2 リリース! [Rabbit]

Rabbit 1.0.1がリリース!
同日、Rabbit 1.0.2もリリース!(笑)
   http://rabbit-shockers.org/

2010-10-06 Wed

Plamo-4.73で Rabbit/firefoxアドオン「システムモニター」 [Plamo][Rabbit][SC420]

朝から「CPUの使用率とメモリの使用量を表示するFirefoxアドオン「システムモニター」を更新しました」を読んだりして。気が向いたのでインストしてみた。
某kou氏に聞くと libgtopが必要らしいので、libgtop-2.28.1 をインスト

プラットフォームは、WindowsXP SP1以降、Mac OS X、Linuxをサポートしています。Linuxではlibgtop2を使用していますので、別途インストールしてください。
   http://www.clear-code.com/blog/2009/10/19.html

それからいよいよ
   https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/15093/
をインスト
firefoxの右上にグラフが出るようになる。web表示が遅い時などチェック!
http://picasaweb.google.co.jp/akapy1967/20109#5525095173211140322


昨日に引続きショッカーのおつとめ
今日はPlamo-4.73 こっちも前回は4年前[2006-09-30][2006-10-01]あたり。
まず、rubygems-1.3.7.tgzをインスト

tar -xzvf rubygems-1.3.7.tgz
cd rubygems-1.3.7
sudo ruby setup.rb

次に、rdtool-0.6.22.tar.gzインスト

tar -xzvf rdtool-0.6.22.tar.gz
cd rdtool-0.6.22
sudo ruby setup.rb

で、いよいよ

sudo gem install --remote rabbit

これで rabbit-0.9.0 を使えるようになりました。
http://picasaweb.google.co.jp/akapy1967/20109#5524866662403799250

2010-10-05 Tue

Gentoo 10.0で Rabbit [Gentoo][Rabbit][SC420]

ショッカーのおつとめとして Rabbitをインストしてみた。
前に試したのは4年前か[2006-09-04] 今回はGentoo 10.0 が相手です。
  
  ACCEPT_KEYWORDS=~X86 emerge rabbit

emerge: there are no ebuilds built with USE flags to satisfy ">=sys-fs/udev-146[extras]".
!!! One of the following packages is required to complete your request:
- sys-fs/udev-162 (Change USE: +extras)

と言われちゃった。udev-162をインストしても大丈夫なのか迷ったが
/etc/portage/package.use に

sys-fs/udev extras

を追記して再度emerge。無事成功しました。まだ Ver0.90には上がってないけども。
http://picasaweb.google.co.jp/akapy1967/20109#5524536864181963042


10/7追記:適当にebuildを作って無理矢理 Rabbit-0.9.0にしてみた。

mkdir /usr/local/myportage
chown …

make.confに追記

PORTDIR_OVERLAY="/usr/local/myportage"

/usr/portage/app-office/rabbitの中身を/usr/local/myportage/app-office/rabbitにコピー
/usr/local/myportage/app-office/rabbit/rabbit-0.6.4.ebuild から rabbit-0.9.0.ebuildを作成

sudo ACCEPT_KEYWORDS=~X86 emerge rabbit

これで成功した。

rabbitの前に ruby-gnome2-0.90.2.ebuild も同じ方法でやろうとしてた。
こっちは
   sudo ebuild ruby-gnome2-0.90.2.ebuild marge
いいのか分からんがちゃんと終った。

2006-10-01 Sun

Rabbit-リポジトリ版 [Plamo][Rabbit]

らびっとゆーざずぐるーぷ「ショッカー」のML
     http://www.cozmixng.org/~w3ml/index.rb/rabbit-shockers/
で教えてもらったところ、リポジトリから引っ張った方がいいらしい。

svn co http://www.cozmixng.org/repos/rabbit/trunk rabbit

これはうまく動きました。
というわけで、Plamoな方はリポジトリ版をインストールしましょう!

いつもありがとうございます>kouさま

2006-09-30 Sat

Plamo4.2でRabbit動きました [Plamo][Rabbit]

頭を整理して全部やりなおしてみました。

・まずPlamo4.2をインストール
    おまかせパッケージのM(普通に使うには困らない環境)を選択

・ruby-1.8.5.tar.gz のインストール
    $ ./configure
    $ make
    # make install
    $ make clean

・rdtool-0.6.20.tar.gz のインストール
    # ruby setup.rb

・ruby-gtk2-0.15.0.tar.gz のインストール
    $ ruby extconf.rb
    $ make
    # make install
   で、以下を試す

    $ ruby -e "require 'gtk2'"
    $ ruby -e "require 'gtk2';Gtk::Window.new.set_title('Hello Ruby-GNOME2 World!').show;Gtk.main"


・rabbit-0.4.1 のインストール
何でだか分からないけど最新の rabbit-0.4.2 は動かない。
   # ruby setup.rb

cd rabbit-0.4.1/sample/
rabbit rabbit-implementation.rd

これでサンプルが動きます。
ただし、以下のエラーがコンソールに出ますけど無視。

/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rabbit/ext/enscript.rb:6: command not found: enscript --help-highlight

[2006-10-01] に続編あり

2006-09-04 Mon

GentooでRabbit [Gentoo][Rabbit]

X Error of failed request: GLXBadContext…

libglx.soあたりが関係しているようなんだが、nvidiaも関係しているようなので
USE="-nvidia"、カーネル再構築して

emerge -C x11-libs/hoge系
emerge -C ruby-gnome系
emerge -C gnome系
emerge xorg-x11

してXを入れ直し。
う〜ん、簡単にはX起動しないね。

emerge libXhoge…
emerge libXhogehogehoge…

さて、どうなるか?

ACCEPT_KEYWORDS=~x86 FEATURES="digest" USE="-opengl tiff enscript example gnome-print svg tgif" emerge rabbit
cd /usr/share/doc/rabbit-0.2.9/sample
rabbit rabbit-implementation.rd

お〜 きた!! はぁ〜良かった