ChangeLog 最新ページ / カテゴリ最新ページ / 前ページ 1 2 3 4 5 次ページ / page 2 (5)

Plamo - あかぴのChangeLog by rchalow

パスポート切替書類/2609-73JにPlamo-4.73 [Plamo][2609-73J][ひとりごと]

役場と石巻合同庁舎に行った。申請書類確保。
合庁の建物古いね。
実際の手続きは来月にしよう。金も少ないので。


万を持して?、2609-73JにPlamo-4.73をインスト
相変わらずnfsに手間取る。。。
まずmanmaru号からnfsマウントできるようにしてから。
SC420の/etc/exports

----------
/plamo-ftp 192.168.1.0/255.255.255.0(ro)

/etc/hosts.allow


------------------
ALL : 192.168.1.0/255.255.255.0
# End of hosts.allow.

/etc/hosts.deny


---------------
ALL : ALL
# End of hosts.deny.
nfsインストにて /plamo-ftp/plamo でOK!
Xはあっさり起動。デフォの xf86-video-siliconmotion-1.7.3 にて
mewの丸数字は文字化け直らず。なんでmanmaru号は大丈夫なんだろう?

updatepkg linux_pam-1.1.3-i586-P1.tgz [Plamo]

sudo removepkg linux_pam
とかやっちゃうとハマります(苦笑
  
正解は
  sudo updatepkg linux_pam-1.1.3-i586-P1.tgz
または
  /var/log/packages/linux_pam をリネームしてからinstallpkg

Plamo-4.73でDVDを焼く [Plamo][Gentoo]

はじめてLinux上でDVDを焼いてみた(笑)
Windowsのソフトより速いし安定感あるな。
CDのisoイメージをDVDに焼いても起動できるのね。

~$ sudo cdrecord -scanbus
Cdrecord-ProDVD-ProBD-Clone 2.01.01a75 (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2010 J g Schilling
Linux sg driver version: 3.5.34
Using libscg version 'schily-0.9'.
scsibus0:
0,0,0 0) 'ATA ' 'ST380013AS ' '8.12' Disk
0,1,0 1) *
0,2,0 2) *
0,3,0 3) *
0,4,0 4) *
0,5,0 5) *
0,6,0 6) *
0,7,0 7) *
scsibus4:
4,0,0 400) 'ATA ' 'ST380011A ' '3.16' Disk
4,1,0 401) '_NEC ' 'DVD_RW ND-3540A ' '1.22' Removable CD-ROM
4,2,0 402) *
4,3,0 403) *
4,4,0 404) *
4,5,0 405) *
4,6,0 406) *
4,7,0 407) *

~$ sudo cdrecord dev=4,1,0 -data download/livedvd-x86-amd64-32ul-10.1.iso
cdrecord: No write mode specified.
cdrecord: Assuming -sao mode.
cdrecord: If your drive does not accept -sao, try -tao.
cdrecord: Future versions of cdrecord may have different drive dependent defaults.
Cdrecord-ProDVD-ProBD-Clone 2.01.01a75 (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2010 J g Schilling
scsidev: '4,1,0'
scsibus: 4 target: 0 lun: 0
Linux sg driver version: 3.5.34
Using libscg version 'schily-0.9'.
Device type : Removable CD-ROM
Version : 5
Response Format: 2
Capabilities :
Vendor_info : '_NEC '
Identifikation : 'DVD_RW ND-3540A '
Revision : '1.22'
Device seems to be: Generic mmc2 DVD-R/DVD-RW/DVD-RAM.
Using generic SCSI-3/mmc CD-R/CD-RW driver (mmc_cdr).
Driver flags : MMC-3 SWABAUDIO BURNFREE
Supported modes: TAO PACKET SAO SAO/R96R RAW/R96R
cdrecord: Warning: Cannot read drive buffer.
cdrecord: Warning: The DMA speed test has been skipped.
Starting to write CD/DVD/BD at speed 4 in real SAO mode for single session.
Last chance to quit, starting real write 0 seconds. Operation starts.
Turning BURN-Free off
cdrecord: WARNING: Drive returns wrong startsec (0) using -150
Track 01: Total bytes read/written: 116617216/116617216 (56942 sectors).
~$


Plamo-4.73で Rabbit/firefoxアドオン「システムモニター」 [Plamo][Rabbit][SC420]

朝から「CPUの使用率とメモリの使用量を表示するFirefoxアドオン「システムモニター」を更新しました」を読んだりして。気が向いたのでインストしてみた。
某kou氏に聞くと libgtopが必要らしいので、libgtop-2.28.1 をインスト

プラットフォームは、WindowsXP SP1以降、Mac OS X、Linuxをサポートしています。Linuxではlibgtop2を使用していますので、別途インストールしてください。
   http://www.clear-code.com/blog/2009/10/19.html
それからいよいよ
   https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/15093/
をインスト
firefoxの右上にグラフが出るようになる。web表示が遅い時などチェック!
画像

昨日に引続きショッカーのおつとめ
今日はPlamo-4.73 こっちも前回は4年前[2006-09-30][2006-10-01]あたり。
まず、rubygems-1.3.7.tgzをインスト
tar -xzvf rubygems-1.3.7.tgz
cd rubygems-1.3.7
sudo ruby setup.rb
次に、rdtool-0.6.22.tar.gzインスト
tar -xzvf rdtool-0.6.22.tar.gz
cd rdtool-0.6.22
sudo ruby setup.rb
で、いよいよ
sudo gem install --remote rabbit
これで rabbit-0.9.0 を使えるようになりました。
画像

SC420にGentoo [SC420][Gentoo][Plamo]

連休前からGentoo熱が。
なぜかパーティションは準備してあった(笑)[2009-05-18]
Plamo-4.73からchrootしてインストール。
genkernelの途中でlzmaコマンドが無いというエラーで止まったので

emerge lzma-utils
これでgenkernelも成功!
デュアルブートで起動できるとこまで完了。
やっぱgenttoのインストは神経使う。風呂とポン酒で疲れを癒す(笑)

Plamo-4.73インスト [Plamo][manmaru号]

とりあえずmanmaru号にインスト。
起動時にペンギンが現れるようになったか。manmaru号は1匹。
最新のlibflashplayer.soでも大丈夫みたいだ。

サボテン/SC420のfirefox-3.6.7が不調なので [ひとりごと][SC420][Plamo]

昨日咲いた花は[2010-08-02]しぼんでしまいました。1日だけなんだ…。
画像 ---> 画像


今日はピンク色
画像 画像

SC420でfirefox-3.6.7を使っていると反応しなくなることがあるので、
xf86-video-intel-2.10.903.tar.bz2 ( http://www.x.org/releases/individual/ )
をインストした。
[plamo:30541] Re: Plamo Linux 4.72 on Let's Note CF R3 が起動時に固まるを読んで xf86_video_intel-2.9.1-i586-P1.tgzをインストしてみたりもした。
新たにxfplamoconfigした xorg.confでは起動しなかったり。
Plamo-4.72のデフォは xf86-video-intel-2.10.0
firefox-3.6.7と相性が悪いだけかもしれないし、カーネルやxorg.confも見直さないといけないのかもしれない。
  
8/4追記:
firefox-3.6.8をインストしてみた。

Plamo-4.72とLynxEM+ [ひとりごと][Plamo][2609-73J]

2609-73JにPlamo-4.72をインストするにあたりハマった2点。
  
1.nfsマウントでインストールしようとしたが、うまくいかない

/etc/hosts.denyの内容がPlamo-4.6と違っていた。
ホスト側も4.72に上げたばかりだった。
2.Xorgが立ち上がらない
   やっぱLynxEM+は鬼門なのか[2009-04-22-1]
   ついでに http://hptomohiro.txt-nifty.com/blog/2010/03/ibmthinkpad-130.html
xf86-video-siliconmotion-1.7.2.tar.gzをインストすることで解決。
1.7.3や1.7.0ではダメ。
  
./configure --prefix=/usr/X11R7
make
# make install

ついでにcannaのuser辞書もコピー
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~choji/comp/jisho.html
# cat ~/back/usr1.ctd >> /var/lib/canna/dic/user/akapy/usr1.ctd

フラッシュも。
fp9_archive.zip をダウンロード、libflashplayer.soをコピー。

天気が良いので
大河原あたりまでJRで南下ながら車窓から一目千本桜を眺めようかと思っていたのだが、
すっかりハマって14時ごろまでPCとにらめっこ。
布団干ししかできなかった。

Plamo-4.72/今日の夕飯 [ひとりごと][Plamo][manmaru号][SC420]

manmaru号にPlamo-4.72をインストしてみた。
firefoxずいぶん軽快に動いてるような感じ。でもflashのインストがうまくいかない。。。
追記:4/20に再度インスト[2010-04-20]
  
P-Plamo20100329も試してみた。
念願だったUSBメモリからの起動も成功した。[2010-02-09-1]
USBメモリ起動できるマシンはSC420しかない(笑)


豚肉豆腐
画像
まぐろ角煮(マルチュウ斉藤商店)
画像

Referrer (Inside): [2010-04-20-8]

sc420への移行 [Plamo][SC420]

cd /plamo-ftp
wget -U Mozilla/5.0[ja] -np -r -N -v -a /home/akapy/wget.log ftp://plamo.linet.gr.jp/pub/Plamo-4.6/*
contrib.oldがDownloadされる。
DVDからコピーしたもののパーミッションがおかしいので修正
wget -U Mozilla/5.0[ja] -np -r -N -v -a /home/akapy/wget.log ftp://plamo.linet.gr.jp/pub/Plamo-4.6/plamo/*
/plamo-ftp内がいっぱいになっちゃう。
netst-dirを移動
再度wget
  
gparted-Live も使ってみた。良いネ。PartionMagic8より高機能だ。
home-dirは前のままなのでメール環境は簡単に設定終わり。
あとは後日。

9時間ずれる問題 [2609-73J][Plamo]

参考:http://d.hatena.ne.jp/mariyie/20071219/1198060686
/etc/rc.d/rc.Sを編集

/sbin/hwclock --localtime
対処としては正解ではないような気がするが、目的を達しているからいいか。

Plamo4.6、egg-cannaで全角ローマ字の入力方法 [Plamo]

google先生に真面目に聞いたら
  http://www.stex.phys.tohoku.ac.jp/~ohba/canna/node2.html
で解決。
Q 押してから

Plamo4.03の時代は L 押してから、だったのだが。
Plamo4.2xでも全角ローマ字の入力に悩んでいたのでした(苦笑

あとは C-s したときに、ミニバッファ(エコーエリア)に日本語が入力できない問題。
以前は山内さんのtamago-isearch-fix.elで解決したらしいとこまでは発見したのだが、今はどうなのか?
  
10/3追記:9月に分かっていたのだが、
http://cns-guide.sfc.keio.ac.jp/2004/6/1/11.html
C-s Enter で日本語が入力できることを確認。
          あとはひたすら C-s すれば次々と検索される。C-r も同じ。

「昭和の日」の過ごし方 [ひとりごと][Plamo]

快晴! 散歩以外は家で過ごした。
布団も干した。
懸案となっていたtwm稼働のemacsでの日本語入力が解決。kinput2を起動しなければ良し。C-\すれば問題ないことも判明したが。
skk関連もコメントアウト。usr1.ctdの内容もコピー完了。
これで2609-73Jは機動性が必要な時に出動できる。

カレー/2609-73Jのxorg [ガッテン][Plamo][2609-73J]

どちらも昨日の話
今週は仕事もないようだし外食する金もないのでカレーで生き延びよう。
ガッテン流カレー:http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/recipe.cgi?r_id=R20070131_01
を参考にミキサーとか使わずに具は形を残したままのカレーを作った。
要するに唐辛子とニンニクと砂糖が入っているだけと言ってもいい。
バターは入れない。
ルウが少ない分、あっさりしてるようだ。
これで3日間は大丈夫だろう(苦笑



[2009-03-22-2]から放ったらかしになっていたi1124のxorgの設定に挑戦してみた。
vesaドライバでは問題なく動くが、ちょっともっさりとした動き。
siliconmotionドライバで動かしてみたい。
結論を言えば、xf86-video-siliconmotion 1.7.0で動く。
Plamo4.6に入っているのは xf86-video-siliconmotion 1.6.0
念のため、2609-73Jは BIOSアップデートを行った。http://www-06.ibm.com/jp/domino05/pc/download/download.nsf/jtechinfo/SYD0-0306FFE
  
LynxEM+(SM712)は結構な地雷っぽい。
   http://his.luky.org/ML/linux-users.7/msg09316.html
   http://search.luky.org/linux-users.8/msg02782.html
  
xfplamoconfig で xorg.conf を作り、
http://www.ukkii.com/solaris/XF86Config/xf86_smi.html を参考にして
HorizSync 31.5-64.3
VertRefresh 50-90
だけ修正。24bit 1024×768で表示できた。
8時間ぐらい四苦八苦したかな。

Referrer (Inside): [2010-04-25-1]

ThinkPad(2609-73J)+Extreme III(16G)+Plamo [Plamo][2609-73J]

このマシンは、猫足さん[2009-03-08-1]、KIKUMASAさん、田添さん、の御協力の賜物です。
PUPPYの入ったHDDはそのまま保管。
  
<インストの詳細みたいなもの>
とりあえず買った中古メモリ128Mを取り付けてBIOSを確認。ちゃんと認識されてます。
Extreme III(16G)をSSD(SolidStateDrive)として取り付ける。
そのまま起動してみるとCentOSが立ち上がった。# KIKUMASAさんがインストしたやつ
そのままCentを使ってみたいという気持ちもあったのだが、Plamoインスト開始。
まずNHK-BS2から録画したパフュームのDVDを再生(笑)
                        # このDVDはKIKUMASAさんからのスペシャルおまけ
パーティションは

/dev/hda1 512M /boot
/dev/hda2 12G /
/dev/hda2 2.5G /home
/dev/hda4 550M swap
あっさりインスト終了か、と思ったら、
GRUBをMBRに入れるところでエラー。
再起動してみるとGRUB自体は起動するが、メニュー出ない。Plamo起動せず。
たぶん、Centをインストした時のGRUBが残っていると思われ。
MBRの初期化が必要かと。
http://tipspc.blogspot.com/2008/02/linuxmbr.html
dd if=/dev/zero of=ディスク・デバイス bs=512 count=1
パーティションテーブルもきれいに消えてくれました。ちょっと(悲
再度パーティションの切り直しから。
今度はPlamoのインストールも正常終了。
無事起動しましたとさ。
  
/etc/fstab に noatimeを追記。
xfplamoconfigしてstartxしたがX立ち上がらず。
ドライバが見当たらないみたい。
しょうがないのでvesaで起動しておく。
  
サブノートという部類なんだろうか。
軽くて持ち運びに便利。
お出かけ用にはピッタリだろう。キーボードも押せる大きさだし。

Referrer (Inside): [2009-04-22-1]

Plamo4.6でkterm上、キー配列がjp106になってないPCがある。。。 [Plamo]

k3号。xorg.confは問題ないと思われ。
xkb関係がエラー出てるみたい。

The XKEYBOARD keymap compiler (xkbcomp) reports:
> Warning: Multiple names for keycode 211
> Using <I211>, ignoring <AB11>
Errors from xkbcomp are not fatal to the X server
どうした?
週末にでも詳細を調べよう。
  
4/2 追記:
  Plamo4.22のxorg.confを使いまわししたのがイケナかったのかも知れない。
  xfplamoconfig実行したら正常になった。
   # これでダメなら xorgconfig とか試そうかと思ってた

Plamo 4.6リリース [Plamo]

http://plamo-linux.jp/plamo-4.6.html
   
ftp://ftp.ne.jp/pub/Linux/distributions/plamolinux を試してみましたが速度が遅いようだな。。アクセスが集中してたのかも。
   
さっさとインストしてみました。

Plamo 4.51RC リリース後,udev 廻りに致命的な問題が見つかっています [Plamo]

http://www.linet.jp/~kojima/Plamo/plamo-4.5.html#4.5problem

Plamo 4.51RC リリース後,udev 廻りに致命的な問題が見つかっています.この問題は,Plamo 4.5 をお使いの場合でも,カーネルをご自身でバージョンアップすることにより発現する可能性があります.問題が発現すると,HDD 上のファイルが全て削除される危険性があります.

で、Plamo 4.6β1 リリース:http://www.linet.jp/~kojima/Plamo/plamo-4.6.html

HDD交換 [修行][Plamo]

たぶん2004年ごろまでメインで使っていたマシン。HDD不調。
このマシンでしか更新できないWebサイトがあってどうしても蘇生が必要。
とりあえず現状確認。DriveCopy(kiku版)
  
/dev/hda1
/dev/hda2?
Win-C
Win-D
3.0G
1.0G
/dev/hdb1
/dev/hdb2?
Win-E
/home
1.5G
0.5G
/dev/hdc1
/dev/hdc2
/
swap
2.0G
128M
/dev/hdd CDROM ?


ルートのある/dev/hdcが不安定で死にかけている。
Winな部分を全部つぶして、Linux部分を/dev/hdaにまとめれば良さそう。
今どき4.0Gのシステムか(笑)
  
http://www.tadachi-net.com/desktop_pc/asus_terminator/backup5.html
などを参考にして作業。
「Plamo Linux Expert」本に付属していた「CD Plamo Linux 1.0」を使用。
まずfdiskで/dev/hdaにコピー元と同じようなパーティションを切る。
/dev/hda1 / 3.2G
/dev/hda2 /home 0.5G
/dev/hda3 swap 0.3G
不良ブロックをチェック
ファイルシステム作成
# e2fsck -c /dev/hda1
# e2fsck -c /dev/hda2
  
# mkswap /dev/hda3
  
# mkfs -t ext3 /dev/hda1
# mkfs -t ext3 /dev/hda2
マウントしてデータコピー
# cd /mnt/hdc1
# tar cpf - ./ | (cd /mnt/hda1; tar xpfv -)
  
# cd /mnt/hdb2
# tar cpf - ./ | (cd /mnt/hda2; tar xpfv -)
MBRが不十分なはずなのでgrubをインストール
   http://wind-master.dip.jp/soft-info/item/63
# grub
grub> root (hd0,0)
grub> setup (hd0)
grub> quit
/mnt/hda1/etc/grub.conf変更
とりあえず無事起動。
後日チェックが必要。

最終更新時間: 2018-01-05 09:01