ChangeLog 最新ページ / カテゴリ最新ページ / 1 2 3 4 5 次ページ / page 1 (5)

Plamo - あかぴのChangeLog by rchalow

`NSS_3.23' not found  [Plamo][Linux]

Plamo-6.1 で新しいfirefox を起動しようとして

  
version `NSS_3.23' not found
  
みたいなエラーが見えたら
sudo updatepkg 04_xapps/nss-3.27.1-i686-P1.txz
する
 

はじめてfirefoxのビルドに挑戦してみたら、
autoconf213、nspr4、nss-3.27、sqlite-3.15とかも入れる必要があると勉強した。

get_pkginfoコマンド使用時の注意点 [Plamo]

結論を書いておくと get_pkginfo -a は依存関係を把握している人しか実行してはいけません。
 
get_pkginfo -d して、必要なパッケージを updatepkg しましょう。



 
Subject: [plamo:32041] 現状の Plamo-6.x ツリーに関する注意
  http://www.linet.gr.jp/~kojima/PlamoWeb/ML/htdocs/201604/msg00000.html
によりますと、
Date: Tue, 05 Apr 2016 20:42:06 +0900 (JST)

最初に ncruses を置き換えて bash なり tcsh を置き換えるようにして下さい.
ncurses より先に bash/tcsh をアップデートすると library not found でコマンドが動作しなくなります.

# もしかしたら readline も先に置き換える必要があるかも.

 
 
 
ちなみに ncurses、readline、bash を updatepkg してから get_pkginfo -a してみると
 05_ext/c++_bindings.txz/glibmm-2.47.4-i686-P1.txz
あたりで止まりました。
Xは起動しなくなりました。
 
2017/1/22に確認(Plamo-6.1_32bit)

Plamo-5.3 [Plamo][SC420]

12/31にPlamo-5.3が出てた。

http://www.plamolinux.org/blog/2014/12/31/plamo-5-dot-3-released/
かまだパソHDDちぇっくのついでにsc420にインストしてみた。
Plamo-5.2環境は残して、別パーティションに
 
mewを使おうとしたらエラーが表示され使えない
.mew.el の bsfilterに関する1行をコメント化
あとは順調

1397日後

苔玉/knoppix/白金豚 [ひとりごと][Plamo][Linux]

去年買った[2013-08-20-1]苔テラリウムが旭小屋の寒さに耐えられなかったようで苔玉なるものを買ってみた。
画像
盆栽やる年齢になったか(笑)
3寸苔玉パキラ小鳥ピック付角皿
画像


P-Plamoではstunnelが動いてくれないようなので
別なLiveCDディストロで試してみようか。
emacsでtamago、egg-cannaが使えると嬉しい。
knoppixをUSBメモリにインストするのは簡単だな。
Lubuntuも試すのであった。


御中元でもらったらしい。
白金豚 味噌漬け
http://store.shopping.yahoo.co.jp/japangift/go4337-16.html
岩手・花巻 白金豚 味噌漬け(約800g)
amazonだと「西京みそ漬け」しか扱ってないのか 白金豚-モモロース西京みそ漬け


1223日後

PlamoBuild.stunnel-5.01 を書く [Plamo]

P-Plamoなマシンにstunnelをインストールしたかったので
PlamoBuild.stunnel-5.01 を書いて stunnel-5.01-i586-P1.txz を固めてみた。
  http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/ganshiki-soushi/0038?page=2
を読んで
ソースコードの入手先を調べて
名前なども適宜、変更してもらって

url=
arch=`uname -m | sed -e 's/i.86/i586/'`
OPT_CONFIG="--prefix=/usr"
chmod 755 PlamoBuild.stunnel-5.01
./PlamoBuild.stunnel-5.01 download
./PlamoBuild.stunnel-5.01 config
./PlamoBuild.stunnel-5.01 build
sudo ./PlamoBuild.stunnel-5.01 package
すればパッケージできるはず。
  
以下も読んでおきましょう。
  http://plamo.linet.gr.jp/wiki/index.php?%CF%C3%C2%EA%2FPlamoBuild%20%A5%B9%A5%AF%A5%EA%A5%D7%A5%C8

1184日後

Plamo-5.2とchromium-33.0.1750.146 [Plamo][SC420]

chromiumの新しいのをbuildしたいのでPlamo-5.2をクリーンインストール

OSを入れ直したのでdotconfとspeech-dispatcherを入れ直さないとダメ(苦笑)
buildに約9時間
次の朝、
chromium-33.0.1750.146-i586-P1.txz 完成
無事web見ることができました。
  
  
chromium_pepper_flashはdownloadの時点で失敗してるな。dl.google.comって難しい?

1094日後

ウインカー/chromium-29.0.1547.57-i586-P1.txz [ひとりごと][Plamo][SC420]

リュックサック(daypackと呼ばれる大きさ)を購入
1泊くらいの旅行?には丁度いいかな。


夕方、ウインカーの点滅が速くなった。
左前の電球が切れてた。
ホーマック、イエローハットと回って購入、その場で交換

TenForwardさんの案内を見たので、chromium-29.0.1547.57-i586-P1.txzを作ってみた。
8:59 build開始。14:14終了
downloadからpackageまで約6時間
google APIが欠落しています。Chromiumの一部の機能は無効になります。
と表示されるけど使用には問題ない。

895日後

isohybridでUSBメモリ版P-Plamo [Plamo]

isohybrid使うと簡単に作れるな〜

sudo isohybrid P-Plamo-5.1b2_x86-130621_dvd.iso
sudo dd if=./P-Plamo-5.1b2_x86-130621_dvd.iso of=/dev/sdb(USBメモリ)
USBから起動できるPCは1台しかないので検証は不十分(苦笑)

836日後

xf86_video_intelとchromium on Plamo-5.1 [SC420][Plamo]

この土日は実家から1歩も出なかった。金曜日に活動したからいいよね。
担いで持ち帰ったSC420にPlamo-5.1をインストールして2つ研究(笑)
Plamo-5.0でも、ずーっとvesaドライバだったけどね。
chromiumPlamoBuild.chromium-26.0.1410.43_build の最後の方でエラー(泣)
Tenforwardさんのおかげで6/4朝に chromium-27.0.1453.93-i586-P1.txz の作成に成功
xf86_video_intelいろいろ試したがダメ。vesaで問題ないけど。以下試したもの
xf86_video_intel-2.21.8-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.7-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.6-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.5-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.4-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.3-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.2-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.1-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.0-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.20.19-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.18.0-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.17.0-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.16.902-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.16.901-i586-P1.txz

xf86-video-intel-2.16.0より古いのはbuild途中でエラー
814日後

Plamo-5.1b1_x86テストインスト [Plamo][manmaru号][CFとSDD]

連休は出かけても混雑してるだけと思われるので旭小屋に籠ってLinuxに遊んでもらう(笑)
ちょうどアナウンスもあったので Plamo-5.1b1_x86をインストしてみた。
今のところ不具合はない。
  
疑似SSDとして使っているシリコンパワーのCF32G、
Windows-XPで使うと刺さって使い物にならないのだが、Linuxだと快調。
SSDの耐久テストを兼ねて昨日と同じ作業でchromium-26.0.1410.43-i586-P1.txzをビルド中
はたして何十時間かかるのか?(笑)
  
どれ酒でも飲むか(笑)


779日後

TenForwardさんのPlamoBiludスクリプトでchromiumパッケージ(Plamo-5.0_x86用)を作る [Plamo][SC420]

<まず以下を読む>

玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々
第38回 Plamo Linuxのビルドスクリプトとパッケージ管理ツール[その1]
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/ganshiki-soushi/0038


<dotconfのパッケージを作ってインストする>
https://github.com/tenforward/PlamoBuild/tree/master/dotconf からファイルをコピーする。
今回は ~/download/dotconf に

・ $ cd ~/download/dotconf
  
・ PlamoBuild.dotconf-1.3 の内容を修正する
arch=i586
wget --no-check-certificate

・ $ ./PlamoBuild.dotconf-1.3 download
・ $ ./PlamoBuild.dotconf-1.3 config
・ $ ./PlamoBuild.dotconf-1.3 build
・ $ sudo ./PlamoBuild.dotconf-1.3 package
・ $ sudo updatepkg dotconf-1.3-i586-P1.txz
  

<speech-dispatcherのパッケージを作ってインストする>
https://github.com/tenforward/PlamoBuild/tree/master/speech-dispatcher からファイルをコピーする。
今回は ~/download/speech-dispatcher に

・ $ cd ~/download/speech-dispatcher
  
・ PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 の内容を修正する
arch=i586

・ $ ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 download
・ $ ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 config
・ $ ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 build
・ $ sudo ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 package
・ $ sudo updatepkg speech-dispatcher-0.8-beta1-i586-P1.txz
  

<chromiumのパッケージを作ってインストする>
https://github.com/tenforward/PlamoBuild/tree/master/chromium から全てのファイルをコピーする。
今回は ~/download/chromium に

・ $ cd ~/download/chromium
  
・ PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 の内容を修正する
arch=i586

・ $ ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 download
・ $ ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 config
・ $ ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 build
・ $ sudo ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 package
・ $ sudo updatepkg chromium-26.0.1410.43-i586-P1.txz
  
・ /usr/bin/chromium の内容を修正する
lib64 を lib


以上だったと思う。
うちのSC420ではchromiumのdownload・config・build・packageで約9時間ぐらい
 
Plamo-4.73環境でも新しめのchromeやchromiumのパッケージ作ってみたいと思ったが、
古いversionのソース、古いversionのrpmバイナリを探すのが大変
libの依存関係が分からん

778日後

Plamo5.0(32)とVistaのデュアルブート [Plamo][SC420]

/ と /boot は同じパーティションにしたほうが簡単みたい。
grub2が勝手に認識してくれる。
別パーティションにするとWin_Vistaしかメニューに登録されなかった。。
  # このマシンだけ特殊かも。

$ sudo fdisk -l
  
Disk /dev/sda: 500.1 GB, 500107862016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 60801, 合計 976773168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0x0db991d9

 デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 * 63 406348109 203174023+ 7 HPFS/NTFS/exFAT
/dev/sda2 406348110 448229564 20940727+ 7 HPFS/NTFS/exFAT
/dev/sda4 448229565 976768064 264269250 5 拡張領域
/dev/sda5 * 448229628 551704229 51737301 83 Linux
/dev/sda6 551704293 654118604 51207156 83 Linux
/dev/sda7 654118668 659355794 2618563+ 82 Linux スワップ / Solaris


Plamo5.0でCD焼き [Plamo][SC420]

Plamo4.73の時は

sudo cdrecord dev=4,1,0 -data hoge.iso
で大丈夫だったのに、5.0だと
sudo cdrecord dev=ATAPI:0,1,0 -data huga.iso
しばらく悩んだ。。。

plamo5.0b1_x86をインストールしてみた [Plamo][SC420]

テレビもつまらないので、
plamo5.0b1_x86_dvd.isoを焼いてSC420にインストールしてみた。
例のごとくintelドライバではXorg起動できず。vesaでOK!
  
正式リリースが楽しみ!

647日後

161日後/xrandrを使う [2609-73J][Plamo]

8月11日ごろ2609-73Jの液晶が死んだ。
LCDが真っ白になる症状
以前からひと月に1回ぐらい発生してはいたのだが…。
  
xorg.conf に

Option "Dualhead" "on"
を追加して外部モニターに出力できるようになった。
しばらく延命できるな(苦笑
  
sudo /usr/X11R7/bin/xrandr --output LVDS --off
すると本体の液晶は消えて幸せ。
このマシンじゃないとメールを読む気がしないのであった。

Plamo-4.74-1106016 環境でxf86-video-intelを変更しようとしたが失敗 [Plamo][SC420]

xorgが立ち上がらないので[2011-06-21-1]xf86-video-intelを古いものに戻してみる。

・wgetで長いアドレス入力するのは面倒
・archieコマンドは使えない
・w3m http://www.google.co.jp/ で xf86-video-intelを検索
まず、autoconf-2.68-i586-P1.tgz,automake-1.11.1-i586-P1.tgzにアップデート。
そして xf86-video-intel-2.12.902 あたりで
./autogen.shを実行。以下のエラー
./configure: line 11212: syntax error near unexpected token `RANDR,'
./configure: line 11212: `XORG_DRIVER_CHECK_EXIT(RANDR,randrproto)'
なので、configureの以下の部分をコメントアウト
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(XINERAMA, xineramaproto)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(RANDR, randrproto)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(RENDER, renderproto)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(XF86DRI, xextproto x11)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(DPMSExtension, xextproto)
それから
./configure --prefix=/usr
make
でも
/usr/X11R7/lib/libxcb-xlib.la が無いと怒られる
今回はここまでだな。

7/3追記:
てっとり早い手段を試してみた。
まるも見ながら(笑)
Plamo-4.73のDVDからxf86_video_intel-2.9.1-i586-P1.tgz をインストール
解決!
結果良ければ全てよし(笑)

Plamo-4.74-110616_dvd.isoをテストインスト [Plamo][SC420]

インストールは問題なく終了
Xが立ち上がらない(xfplamoconfig)
4.73のxorg.confでもダメ。
xf86-video-intelのバージョンの問題かな?
今度の日曜日にでも調査しよう。
[2011-06-26-1]に続く

Referrer (Inside): [2011-06-26-1]

Plamo-4.73でアップデートしない方がいいもの [Plamo][SC420]

ftp://ftp.ne.jp/pub/Linux/distributions/plamolinux/Update/4.73_/ 以下にあるアップデートパッケージで該当するものをインストールしてみた。もちろんカーネル関係も。
  
<やめた方がいいの2つ>
dump-0.4b43-i586-P1.txz どうやってもインストールできないので 0.4b41のまま
libpng-1.4.5-i586-P1.txzこれにアップデートするといろんなアプリが立ち上がらなくなる
シンボリックリンクを はり直したりすれば大丈夫なのかもしれないが…。

<名前が変更になってたりして、updatepkgコマンドだけではダメなもの>

dhcp
openssh
openssl
proftpd
ruby
strigi
ethtool
device_mapper
dump-0.4b43

Plamo-4.73で"updatepkg hogehoge.txz"するには [Plamo][SC420]

http://plamo.linet.gr.jp/drupal6/node/129 を開く。
ログインする。
添付されてる pkgtool-update.tar_.gz をダウンロードして展開する。

sbin/installer/bzip2
sbin/installer/tar
sbin/installer/xz
sbin/makepkg
sbin/installpkg
sbin/installpkg2
sbin/updatepkg
元々ある
/sbin/makepkg
/sbin/installpkg
/sbin/installpkg2
/sbin/updatepkg
/sbin/installer/tar
をリネーム。
展開してできたファイルをコピー。
xzcatが足りないらしいので、
ln -s /usr/bin/xzcat /sbin/installer/xzcat
これでupdatepkg・installpkgコマンドでtxzファイルを扱えるようになる。

最終更新時間: 2018-01-05 09:01