ChangeLog 最新ページ / カテゴリ最新ページ / 1 2 次ページ / page 1 (2)

SC420 - あかぴのChangeLog by rchalow

Plamo-5.3 [Plamo][SC420]

12/31にPlamo-5.3が出てた。

http://www.plamolinux.org/blog/2014/12/31/plamo-5-dot-3-released/
かまだパソHDDちぇっくのついでにsc420にインストしてみた。
Plamo-5.2環境は残して、別パーティションに
 
mewを使おうとしたらエラーが表示され使えない
.mew.el の bsfilterに関する1行をコメント化
あとは順調

1397日後

Plamo-5.2とchromium-33.0.1750.146 [Plamo][SC420]

chromiumの新しいのをbuildしたいのでPlamo-5.2をクリーンインストール

OSを入れ直したのでdotconfとspeech-dispatcherを入れ直さないとダメ(苦笑)
buildに約9時間
次の朝、
chromium-33.0.1750.146-i586-P1.txz 完成
無事web見ることができました。
  
  
chromium_pepper_flashはdownloadの時点で失敗してるな。dl.google.comって難しい?

1094日後

ウインカー/chromium-29.0.1547.57-i586-P1.txz [ひとりごと][Plamo][SC420]

リュックサック(daypackと呼ばれる大きさ)を購入
1泊くらいの旅行?には丁度いいかな。


夕方、ウインカーの点滅が速くなった。
左前の電球が切れてた。
ホーマック、イエローハットと回って購入、その場で交換

TenForwardさんの案内を見たので、chromium-29.0.1547.57-i586-P1.txzを作ってみた。
8:59 build開始。14:14終了
downloadからpackageまで約6時間
google APIが欠落しています。Chromiumの一部の機能は無効になります。
と表示されるけど使用には問題ない。

895日後

xf86_video_intelとchromium on Plamo-5.1 [SC420][Plamo]

この土日は実家から1歩も出なかった。金曜日に活動したからいいよね。
担いで持ち帰ったSC420にPlamo-5.1をインストールして2つ研究(笑)
Plamo-5.0でも、ずーっとvesaドライバだったけどね。
chromiumPlamoBuild.chromium-26.0.1410.43_build の最後の方でエラー(泣)
Tenforwardさんのおかげで6/4朝に chromium-27.0.1453.93-i586-P1.txz の作成に成功
xf86_video_intelいろいろ試したがダメ。vesaで問題ないけど。以下試したもの
xf86_video_intel-2.21.8-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.7-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.6-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.5-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.4-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.3-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.2-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.1-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.21.0-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.20.19-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.18.0-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.17.0-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.16.902-i586-P1.txz
xf86_video_intel-2.16.901-i586-P1.txz

xf86-video-intel-2.16.0より古いのはbuild途中でエラー
814日後

TenForwardさんのPlamoBiludスクリプトでchromiumパッケージ(Plamo-5.0_x86用)を作る [Plamo][SC420]

<まず以下を読む>

玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々
第38回 Plamo Linuxのビルドスクリプトとパッケージ管理ツール[その1]
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/ganshiki-soushi/0038


<dotconfのパッケージを作ってインストする>
https://github.com/tenforward/PlamoBuild/tree/master/dotconf からファイルをコピーする。
今回は ~/download/dotconf に

・ $ cd ~/download/dotconf
  
・ PlamoBuild.dotconf-1.3 の内容を修正する
arch=i586
wget --no-check-certificate

・ $ ./PlamoBuild.dotconf-1.3 download
・ $ ./PlamoBuild.dotconf-1.3 config
・ $ ./PlamoBuild.dotconf-1.3 build
・ $ sudo ./PlamoBuild.dotconf-1.3 package
・ $ sudo updatepkg dotconf-1.3-i586-P1.txz
  

<speech-dispatcherのパッケージを作ってインストする>
https://github.com/tenforward/PlamoBuild/tree/master/speech-dispatcher からファイルをコピーする。
今回は ~/download/speech-dispatcher に

・ $ cd ~/download/speech-dispatcher
  
・ PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 の内容を修正する
arch=i586

・ $ ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 download
・ $ ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 config
・ $ ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 build
・ $ sudo ./PlamoBuild.speech-dispatcher-0.8-beta1 package
・ $ sudo updatepkg speech-dispatcher-0.8-beta1-i586-P1.txz
  

<chromiumのパッケージを作ってインストする>
https://github.com/tenforward/PlamoBuild/tree/master/chromium から全てのファイルをコピーする。
今回は ~/download/chromium に

・ $ cd ~/download/chromium
  
・ PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 の内容を修正する
arch=i586

・ $ ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 download
・ $ ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 config
・ $ ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 build
・ $ sudo ./PlamoBuild.chromium-26.0.1410.43 package
・ $ sudo updatepkg chromium-26.0.1410.43-i586-P1.txz
  
・ /usr/bin/chromium の内容を修正する
lib64 を lib


以上だったと思う。
うちのSC420ではchromiumのdownload・config・build・packageで約9時間ぐらい
 
Plamo-4.73環境でも新しめのchromeやchromiumのパッケージ作ってみたいと思ったが、
古いversionのソース、古いversionのrpmバイナリを探すのが大変
libの依存関係が分からん

778日後

Plamo5.0(32)とVistaのデュアルブート [Plamo][SC420]

/ と /boot は同じパーティションにしたほうが簡単みたい。
grub2が勝手に認識してくれる。
別パーティションにするとWin_Vistaしかメニューに登録されなかった。。
  # このマシンだけ特殊かも。

$ sudo fdisk -l
  
Disk /dev/sda: 500.1 GB, 500107862016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 60801, 合計 976773168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0x0db991d9

 デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 * 63 406348109 203174023+ 7 HPFS/NTFS/exFAT
/dev/sda2 406348110 448229564 20940727+ 7 HPFS/NTFS/exFAT
/dev/sda4 448229565 976768064 264269250 5 拡張領域
/dev/sda5 * 448229628 551704229 51737301 83 Linux
/dev/sda6 551704293 654118604 51207156 83 Linux
/dev/sda7 654118668 659355794 2618563+ 82 Linux スワップ / Solaris


Plamo5.0でCD焼き [Plamo][SC420]

Plamo4.73の時は

sudo cdrecord dev=4,1,0 -data hoge.iso
で大丈夫だったのに、5.0だと
sudo cdrecord dev=ATAPI:0,1,0 -data huga.iso
しばらく悩んだ。。。

plamo5.0b1_x86をインストールしてみた [Plamo][SC420]

テレビもつまらないので、
plamo5.0b1_x86_dvd.isoを焼いてSC420にインストールしてみた。
例のごとくintelドライバではXorg起動できず。vesaでOK!
  
正式リリースが楽しみ!

647日後

Plamo-4.74-1106016 環境でxf86-video-intelを変更しようとしたが失敗 [Plamo][SC420]

xorgが立ち上がらないので[2011-06-21-1]xf86-video-intelを古いものに戻してみる。

・wgetで長いアドレス入力するのは面倒
・archieコマンドは使えない
・w3m http://www.google.co.jp/ で xf86-video-intelを検索
まず、autoconf-2.68-i586-P1.tgz,automake-1.11.1-i586-P1.tgzにアップデート。
そして xf86-video-intel-2.12.902 あたりで
./autogen.shを実行。以下のエラー
./configure: line 11212: syntax error near unexpected token `RANDR,'
./configure: line 11212: `XORG_DRIVER_CHECK_EXIT(RANDR,randrproto)'
なので、configureの以下の部分をコメントアウト
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(XINERAMA, xineramaproto)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(RANDR, randrproto)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(RENDER, renderproto)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(XF86DRI, xextproto x11)
XORG_DRIVER_CHECK_EXT(DPMSExtension, xextproto)
それから
./configure --prefix=/usr
make
でも
/usr/X11R7/lib/libxcb-xlib.la が無いと怒られる
今回はここまでだな。

7/3追記:
てっとり早い手段を試してみた。
まるも見ながら(笑)
Plamo-4.73のDVDからxf86_video_intel-2.9.1-i586-P1.tgz をインストール
解決!
結果良ければ全てよし(笑)

Plamo-4.74-110616_dvd.isoをテストインスト [Plamo][SC420]

インストールは問題なく終了
Xが立ち上がらない(xfplamoconfig)
4.73のxorg.confでもダメ。
xf86-video-intelのバージョンの問題かな?
今度の日曜日にでも調査しよう。
[2011-06-26-1]に続く

Referrer (Inside): [2011-06-26-1]

Plamo-4.73でアップデートしない方がいいもの [Plamo][SC420]

ftp://ftp.ne.jp/pub/Linux/distributions/plamolinux/Update/4.73_/ 以下にあるアップデートパッケージで該当するものをインストールしてみた。もちろんカーネル関係も。
  
<やめた方がいいの2つ>
dump-0.4b43-i586-P1.txz どうやってもインストールできないので 0.4b41のまま
libpng-1.4.5-i586-P1.txzこれにアップデートするといろんなアプリが立ち上がらなくなる
シンボリックリンクを はり直したりすれば大丈夫なのかもしれないが…。

<名前が変更になってたりして、updatepkgコマンドだけではダメなもの>

dhcp
openssh
openssl
proftpd
ruby
strigi
ethtool
device_mapper
dump-0.4b43

Plamo-4.73で"updatepkg hogehoge.txz"するには [Plamo][SC420]

http://plamo.linet.gr.jp/drupal6/node/129 を開く。
ログインする。
添付されてる pkgtool-update.tar_.gz をダウンロードして展開する。

sbin/installer/bzip2
sbin/installer/tar
sbin/installer/xz
sbin/makepkg
sbin/installpkg
sbin/installpkg2
sbin/updatepkg
元々ある
/sbin/makepkg
/sbin/installpkg
/sbin/installpkg2
/sbin/updatepkg
/sbin/installer/tar
をリネーム。
展開してできたファイルをコピー。
xzcatが足りないらしいので、
ln -s /usr/bin/xzcat /sbin/installer/xzcat
これでupdatepkg・installpkgコマンドでtxzファイルを扱えるようになる。

74日後/SC420再インスト [SC420][Plamo]

SC420
なんかimapsがうまくいかなくなってたのを半年ほど放置してたのだが、暇なのでPlamo再インスト。
しっかりハマる。

ちなみにPlamo-5.0も試したがCPU合わず(笑)
結局、Plamo-4.73_DVD.isoをダウンロードして焼く羽目に。
焼き終ったのが22時ごろ。
やっぱ普通にインストールして、updatepkgするのが正解か。
???.txzファイルのupdatepkg方法は?
[2011-05-26-1]に続く
  
  
2017/1/9追記
.mew.elの修正が必要だった?
("imap-user" . "hoge")

5日ぶりにアルコールを口にした(笑)

emerge worldしたらX立ち上がらくなった理由 [Gentoo][SC420]

xf86-video-intelをダウングレードしようとしたがダメ。X自体がupdateしたから?
xf86-video-intel-2.14.0を一度消して、再emergeしてみたら、

カーネルのKMSを有効にしろ!
と出てた。
別なパーティションのgentooはxf86-video-intel-2.9.1みたいだ。

Gentoo 10.0 LiveCDのフレームバッファ [SC420][Gentoo]

GentooのLiveCDはvesafbでframebufferを実現してるのね。ubesafbかと思ってた。

フレームバッファが無効だと、SC420の起動コンソール画面がはみ出して見にくいので(VGA 600x480)

E7221とかi915のせい?(苦笑
LiveCDと同じ1024x768にするべく格闘中。
  
11/3追記:
  LiveCD、minimal-instCDともに/proc/config.gzを使ってカーネルコンパイルすれば
  vesafb対応のカーネルができることが確認できました。
  無事フレームバッファに成功。

Plamo-4.73で Rabbit/firefoxアドオン「システムモニター」 [Plamo][Rabbit][SC420]

朝から「CPUの使用率とメモリの使用量を表示するFirefoxアドオン「システムモニター」を更新しました」を読んだりして。気が向いたのでインストしてみた。
某kou氏に聞くと libgtopが必要らしいので、libgtop-2.28.1 をインスト

プラットフォームは、WindowsXP SP1以降、Mac OS X、Linuxをサポートしています。Linuxではlibgtop2を使用していますので、別途インストールしてください。
   http://www.clear-code.com/blog/2009/10/19.html
それからいよいよ
   https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/15093/
をインスト
firefoxの右上にグラフが出るようになる。web表示が遅い時などチェック!
画像

昨日に引続きショッカーのおつとめ
今日はPlamo-4.73 こっちも前回は4年前[2006-09-30][2006-10-01]あたり。
まず、rubygems-1.3.7.tgzをインスト
tar -xzvf rubygems-1.3.7.tgz
cd rubygems-1.3.7
sudo ruby setup.rb
次に、rdtool-0.6.22.tar.gzインスト
tar -xzvf rdtool-0.6.22.tar.gz
cd rdtool-0.6.22
sudo ruby setup.rb
で、いよいよ
sudo gem install --remote rabbit
これで rabbit-0.9.0 を使えるようになりました。
画像

Gentoo 10.0で Rabbit [Gentoo][Rabbit][SC420]

ショッカーのおつとめとして Rabbitをインストしてみた。
前に試したのは4年前か[2006-09-04] 今回はGentoo 10.0 が相手です。
  
  ACCEPT_KEYWORDS=~X86 emerge rabbit

emerge: there are no ebuilds built with USE flags to satisfy ">=sys-fs/udev-146[extras]".
!!! One of the following packages is required to complete your request:
- sys-fs/udev-162 (Change USE: +extras)
と言われちゃった。udev-162をインストしても大丈夫なのか迷ったが
/etc/portage/package.use に
sys-fs/udev extras
を追記して再度emerge。無事成功しました。まだ Ver0.90には上がってないけども。
画像

10/7追記:適当にebuildを作って無理矢理 Rabbit-0.9.0にしてみた。
mkdir /usr/local/myportage
chown …
make.confに追記
PORTDIR_OVERLAY="/usr/local/myportage"
/usr/portage/app-office/rabbitの中身を/usr/local/myportage/app-office/rabbitにコピー
/usr/local/myportage/app-office/rabbit/rabbit-0.6.4.ebuild から rabbit-0.9.0.ebuildを作成
sudo ACCEPT_KEYWORDS=~X86 emerge rabbit
これで成功した。
rabbitの前に ruby-gnome2-0.90.2.ebuild も同じ方法でやろうとしてた。
こっちは
   sudo ebuild ruby-gnome2-0.90.2.ebuild marge
いいのか分からんがちゃんと終った。

続SC420にGentoo/パワージューサー [SC420][Gentoo][ひとりごと]

墓参りも済んでるし、雨がひどいし、家から出ない祝日。

emerge -pv --update --deep --newuse world
  [blocks B ]lzma-utilsなので
emerge -C lzma-utils
そしていよいよ
emerge --update --deep --newuse world
  133個更新されるみたい。
emerge --depclean
revdep-rebuild
etc-update
余計なモジュールが起動されるのを減らす
genkernel の ロードする kernel モジュールを最低限にする。
   http://insnvlovn.blogspot.com/2009/11/genkernellsmod.html
/etc/modules.autoload.d/kernel-2.6 修正
/usr/share/genkernel/arch/x86/modules_load も修正
sudo genkernel initramfs
emerge xorg-x11 して xorgが起動するとこまで終りました。
再度
emerge --update --deep --newuse world
  5個更新
emerge --depclean
revdep-rebuild
普段使いはPlamoなので暇ができたらまたいじりましょ。

パワージューサーたぶん到着しただろう。

9/24追記:
親戚んちでは、誰から送られてきたものか分からず大騒ぎになっていたそうだ。
業者に電話して確認したとのこと(苦笑

SC420にGentoo [SC420][Gentoo][Plamo]

連休前からGentoo熱が。
なぜかパーティションは準備してあった(笑)[2009-05-18]
Plamo-4.73からchrootしてインストール。
genkernelの途中でlzmaコマンドが無いというエラーで止まったので

emerge lzma-utils
これでgenkernelも成功!
デュアルブートで起動できるとこまで完了。
やっぱgenttoのインストは神経使う。風呂とポン酒で疲れを癒す(笑)

最終更新時間: 2017-01-10 06:02