ChangeLog 最新ページ / カテゴリ最新ページ / 前ページ 1 2 / page 2 (2)

VP16C号 - あかぴのChangeLog by rchalow

IMAP over SSL mew VP16C号 [Plamo][VP16C号]

mewでSSLが使えていない模様。stunnelが必要んだっけ? 記憶にないな。
ああー、だんだん思い出してきた。
stunnelインストールできたらパスを通す。ln -s /usr/local/sbin/stunnel /usr/bin/
SSL failedだな。ver3.9がいけなかったか?
疲れたな。
google "mew stunnel"、「動作確認のためのTips」http://www.twcu.ac.jp/cia/localguide/node124.htmlをあとで確認しましょ。

これあればshurikenPro3でもover SSL できそうね。http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/018stunnnel.html

VP16C号、ダイアルアップppp設定2 [Plamo][VP16C号]

ちょっと待て http://www.linet.gr.jp/ML/plamo/200410/msg00035.htmlよりpoff.shの/usr/bin/kill を /bin/kill に直すと動くかも?

VP16C号、ダイアルアップppp設定 [Plamo][VP16C号]

Plamo3.*以降のppp設定の情報は少ないみたい。pppsetupが無い時期もあった模様。
ppxpを使えばPlamo1.4*の頃と同じように使えるようだけど、pppdに挑戦。
plamo4.0にはpppsetupあります。
ppp-offが無いけど、どうやって切断するのかな? 検索で見つけたのはpppdをkillする方法くらいね。http://www.catbird.jp/cgi-bin/sdiary/diary.cgi?Date=2004-9
最終手段Plamo-ML検索しました。
田原さんが ppp-2.4.2ベースのテストをしているそうだ。http://www.linet.gr.jp/ML/plamo/200409/msg00160.html
どうせだから ftp://plamo.linet.gr.jp/pub/Plamo-test/ppp-build.tar.gz 試してみよ。
README通りでうまくいくみたい。ponは素直に動いてppp接続できたけど、poffが効かない。MLに報告すべきだろうか。。
plamo@linet.gr.jp

ノートからもChangeLogメモ [修行][chalow][VP16C号]

まず up.sh
編集
commit.sh

VP16C号、subversionコンパイル [Plamo][VP16C号]

ソース(ver1.1.0)拾ってきて
tar
sh ./autogen.sh
make
# make install
やったー! checkout、commitできたぞ。

VP16C号、ssh [Plamo][VP16C号]

ssh-keygen -t dsa
サーバー側の.ssh/authorized_keys に追加

VP16C号、XFree86設定 [Plamo][VP16C号]

仕様:http://121ware.com/support/product/data/spec/cpu/97100096-1.html
XF86Configは http://spica.onh.go.jp/~canada/FreeBSD/quark.html を参考に
Section "Device"
に、
Option "noaccel"
VideoRam 2048
を追加。疲れた。以上

VP16C号 [Plamo][VP16C号]

Win98SE専用HDD-1.3G インスト終わり。sshとか使えるようにしようかと思ったが断念。
Plamo4.0専用HDD-2.0G インストのみ設定まだ。

最終更新時間: 2012-07-04 06:43