Internship in Europe  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

janvier 1月

Janvier

1eme semaine

 1/1 appreciation du ballet Classique ;Coppelia

新年早々バレエ鑑賞!今回の会場パリ・オペラ座バスティーユは、ガルニエと違いモダンなつくりをしており、広い観客席と舞台から成っています。やはり、パリ・オペラ座バレエ団は、衣装・舞台装置がとても凝っている!そして、コールドの技術が高く、全員の表現力が優れている!上から見ていたので、ダンサーが入れ違いに形を作っていくのが見えるけれど、それを難しい足方で早いテンポで行なわれる。これは、相当な練習量なんだろうなと思ってしまいました。今回はエトワール(そのバレエ団の中でトップの人)がいなかったけれど、そんなことを感じさせないくらいの技術と繊細さを持っているスワニルダ役は、本当にキュートでした。全員がダンサー兼役者の様で、見ているほうは本当に楽しかった !! IMG_2118.JPG

















1/1-5 revoir mon frere et ma soeur

兄と妹が冬休みを使って遊びに来てくれました。仕事などの関係で少ししか滞在できないため、出来る限り楽しめる様、パリ・ベルギー(ブリュッセル・アントワープ)・アムステルダムの3カ国を回りました。時差ぼけや飛行機疲れだったはずなのに、なかなかのハードスケジュールになってしまい、体力的にしんどくなってしまったかも知れません。でも、こんな特別の機会があるからこそ、3人で旅行して同じ思い出を持つことっていいなと思いました。私も、家族に会うとリラックスできるし、安心させられます。天気はあまり良くなかったけれど、一緒に買い物をし、いろいろな街を訪れ、また私の住んでいるところ、友達、食を紹介でき、興味を持ってくれたこと、嬉しく思いました。 アムステルダムは、オランダビールとして有名な「ハイネケン・エクスペーリエンス」で試飲や凝ったミュージアムを見ましたが、美術館めぐりが出来なかったことが少し残念。また、あちらこちらでする薬のにおいとお店の雰囲気に相当ビクビクして恐がってしまいましたが、法として認められてるあんな変わった町並みを見ることはないので、いい経験にはなったかな。全く違う3カ国の比較もまた、楽しいものでした。 IMG_2120.JPG















Paris ルーブル美術館




IMG_2128.JPGAmsterdam







IMG_2134.JPGHeineken Experience







1/7 バカンス終了

明日から仕事が始まります。2週間ほどの旅を終え、外食続きの体が相当に疲れていて、昨日は11時間睡眠。しかし、そう休んでもいられず、とりあえず4月からの学校復帰の手続き、今週出すエントリーシートの作成とマンスリーレポート、フランス語の勉強再開・・・ やることが溜まっている。これから忙しくなりそうです。 久しぶりに聞くラジオ、そこから流れるかっこいいとは言えないフランス語の曲が安心感を与えてくれます。

2eme semaine

 1/8 仕事始め

会社に行くと「Bonne annee」明けましておめでとう!とみんな挨拶を交わします。そして聞かれる質問と言えば「かなこ、どこ行ってきたの?」。何度説明しただろうか 笑?そのたびに言い方を変えたり、違う情報を付け足したり、いいフランス語の練習でした。もう新しい年が明けて、帰国が現実のものとして目の前にある気がする。そう思うと、前のようなネガティブさなどはなくなり、どんどん前進なければと思う。そう思ったら、フランス語も次々に頭の中に浮かんできました。とにかくあと3ヶ月、突っ走りたい。


 

3em semaine

1/18 語学学校

今月で終わりの語学学校。クリスマス休暇後先週からまた授業が始まりましたが、11月最初の頃とは比べられないほど難しい気がします。文法はあらかじめ知っているし、言い回しなどどんどん増えていくのは楽しいので問題ではないのですが、リスニングはラジオより難しいし、2時間の内1時間以上は討論をしているのだけれど、まだまだ単語が少ないため先生に手助けしてもらいながら話しています。今週は、これからの世界に期待することについての討論。私は主に日本をアジア諸国についてと環境問題について話しました。フランス語だけではなく、考えるいいきっかけになり、クラスの中で私の考えが日本代表の意見になることや、問題提起だけではなくそれについての意見をしっかり持つべきだと再認識させられました。
今週は、フランス語集中週間で、会社で空き時間を見つけては見直しし、家では勉強。モンス大学生の留学生のように話せるようになる日はくるのだろうか。あと2ヶ月で上達しますように。

1/19 誕生日

今日は私のスーパーバイザーCathyの誕生日 !!しかし、この日に限って粘度測定器の調子が悪くて、誕生日カードに写真を貼って渡そうと準備をしていたのに、忙しくて時間がない。休憩時間のときに「おめでとう!」といい、今日は何をして過ごすか聞いたら、「家においで」と招待してくれました。ということで、4時で仕事を終わらせて、Cathyの家へ。今回で4度目の訪問。毎回楽しみに私の子と待ってくれる3歳のCamilleと一緒に遊ました。1歳になったばかりのJulyは、9月に会ったときはまだハイハイをしていたのに、テクテクと小走りをして「Kana−」って呼んでくれました(たぶん)。夕ご飯をご馳走になり、誕生日カードを渡し、誕生日プレゼントの代わりに茶道を披露。Cathyは日本に来たことがあり、そのときに茶道を一度やったと言うことは聞いていたので、一緒にお茶を点てることに。正式な形ではなく、椅子に座って簡単に点てるだけだったけれど、興味深そうに点てていました。
Cathyは今年で34歳ですが、私にとっては本当に尊敬すべき研究者。家庭との両立だけでなく、この若さで重要な役割を担い、研究面でも仕事面でも豊富なアイデアと知識があり、みんなに認められ慕われている人。さらに女性の研究者として男性と同等に仕事をしている。この上司と知り合うことが出来て、こんな研究者になりたいと私の目標になる人です。今は、大分頼りない研修生だけれど、こんな女性になりたいと思う。 IMG_2142.JPG

















1/20-21 誕生会 a Bruxelles

毎回恒例の誕生日会。今回はパリ組の友達の誕生会をブリュッセルの友達の家で開催でした。さらに、1月ということで鍋と日本酒パーティー!日本食スーパーにはお豆腐から白滝までなんでも揃います。久しぶりに鍋を食べて、あったまる!美味しい! でも、自分の食生活が完全に変わっていることを実感しました。このあっさりとした味がなんとも懐かしい。クリーミーで、味が濃く、バターを使った料理がこの頃の食事。幸いなことに、一人暮らしなので自分をコントロールすることが出来るため体重の変化はないけれど、この食事をしていたら明らかにおしりがおおきく、ブダペストで見た球形のおばさんのような体形になるんだろうな。
いつもの様に、朝まで飲んで話し、朝はみんなでゆっくりと過ごす。日曜日は、ナミュールとディナンの城跡・シタデルを見にドライブ。雨がぱらついていて寒かったけど、気持がよかった。ナミュールはやはり好きな町です。 今週から気温が低くなり雪が降るとの予報。ついに冬到来かしら。雪景色は見たいけれど、寒くならないでほしい。。 IMG_2149.JPG

















4eme semaine

1/25 女性が働くこと、子供を育てること

語学学校での討論のテーマ「仕事と家庭を両立させる女性」についてでした。近年、フランスでは、出産後も仕事を辞めず仕事を続ける割り合いが増加しており、両立させたいと思う女性は約77%、仕事を辞め家庭に入りたいという割合は23%だそうです。日本でも、世界各国で同じような傾向が見られますが、日本において見れば、まだまだ女性が一生仕事をしていくこと、男性を同等の立場で仕事をしていくことの認知度というのは、ヨーロッパに比べてまだまだ低いというのが現状でしょう。退職まで働くか、と聞かれて自信を持って応えられる人はあまりいないかもしれません。私は現在の職場で、研究で活躍し、家庭では妻として母としての役割をする女性の方々を多く見ています。私も今までの過程は男性となんら変わりなく勉強し身に付けてきた。なので、私も仕事と家庭を両立させたいと強く思います。
しかし、現実には、特に日本ではこのようにいくでしょうか?まず、会社の仕組みに大きな違いがあります。ヨーロッパでは、フレックス制を導入している会社が大多数で、決められた勤務時間が終われば帰宅します。残業という概念はあまりありません。また、子供を預ける設備が非常に多い気がします。そして、旦那さんのサポートがしっかりとしていること。出産をするのは女性ですが、家事・育児は2人で行なっています。もちろん日本でも、同じような心構えも設備もあります。しかし、仕事が最優先という考えは変わらないのでは ?実際、小さな極東にある国が、こんなにも産業面・経済面でも世界をリードする背景には、この勤勉さがあるからこそ何も不自由なく暮せるわけです。私は、社会に出たら社会に貢献・やりがいのあるような仕事をしたい考えています。そうすると、出産時、出産後どのような立場になるのだろうか?
ちなみに、私以外の生徒はみんな男の子。全員が、男性よりも低い地位になるだろうと言った。これを覆したいと思う(笑)。現に、女性大統領が誕生するかもしれないわけで、これからどんどん女性の立場は変わっていくのではないだろうか。 今、就活を進めている段階。こんなことを考えながら、何がしたいのか、経験を生かせる職種、毎日いろいろ頭の中を巡っています。

1/26 停電

14 :00 実験中。いきなり真っ暗になり、物事一つしなくなりました。
なんといきなり停電。装置が全て止まると、会社はとてつもなく静か。
20分後。原因が会社じゃなくて、違うところにあったらしい。今日は18時まで電気は復旧しないと言われ、せっかく週末で測定しようと思った試料は測れなくなりました。PCも使えなく、全員がどうしようかと困惑状態。私は、とりあえず、時間を有効に使おうと自分の部屋に戻り、フランス語を勉強することに。
10分後。復活!18時まで付かないって言ってなかった?と思いながら、急いで再測定の準備に取り掛かり無事終了。よかった。
一日の実験を追え、ふと外を見ると雪が降っていた。モンスにて初雪 !!でも、ほんのわずかだったので、積もることもなく消えてしまったけれど、2月目前にして冬到来です。今週は氷点下の日が続いたけれど、来週も寒くなりそうです。

1/27 MONS

数えて見ると、残りの週末があと9回!残り2ヶ月となりました。時の速さを改めて実感し、もうヨーロッパに来て10ヶ月も経つことに驚きます。
一日でも無駄にするのはもったいない。昨日は、実はモンスのテアトル(劇場)でバイオリンのコンサートがあり、当日券くらいあるだろうと思って行ったところ、チケット売り場さえ開いていなく残念ながら見れませんでした。このバイオリンニストは、日本人で、ヨーロッパと日本で活躍している人です。日本人で初めでエリザベートコンクールで優勝し現在はブリュッセル王立音楽院客員教授という方。活躍している日本人の姿勢やなど音楽以外にも色々と感じたかったのに、見れなくて残念でした。
今日は、朝から活動的に外にでる。久しぶりの晴れに気持がよくなり、いつもはバスで行くカルフールまで歩いて行きました。本やCDを見ると、この1年で見たもの聞いたものを思い出に日本に持って帰りたくなり購入。その後、街の中心地まで行きウインドーショッピング。あと2ヶ月しかこの風景も見れないんだと思うと少し寂しくなります。この街に一人で住み、色々な人と話し、何気ない日常生活を送ってきただけに、非常に思い入れが強くなりそうです。今度は新たな道を探そうかなと計画中。

更新日時:2008/06/23 20:12:17
キーワード:
参照: