新規作成  編集  差分  FrontPage  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  管理

(Emacs)便利な機能

複数回の同じ操作を一気に実行する

使い方

M-数字 操作

または

C-数字 操作

C-数字の数字が2桁以上になるときは,もっとも左側の桁のときだけControlを押しながら数字を入力し,それ以降はControlを離して数字を入力していきます.

以前のEmacsでは上のような機能はなく、次で実現していました。これは今でも使用できます。

C-u 数字 操作

次は一つの操作のみでなく一連の操作を指定した回数、繰り返します。

C-x ( 一連の操作 C-x ) として C-u 数字 C-x e

5行削除

C-5 C-k

10回アンドゥ(C-10はC-1と入力して、Cntrolを離し、0と入力する)

C-10 C-/

100行先に移動(2桁以上の場合はM-数字のほうが便利)

M-100 C-n

行頭に移動し、一単語分カーソルを移動させた後、そこから行末までを 削除し次の行へ、を 100 回 繰り返します (現在の行から 100 行下まで、 最初の一単語のみを残す)。

C-x ( C-a M-f C-k C-n C-x ) C-u 100 C-x e
更新日時:2007/09/06 17:44:23
キーワード:
参照:[Emacs]