新規作成  編集  差分  v6活用研究会's Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

Windows2000にIPv6を導入する手順

始めに

  • Windows 2000は標準でIPv6をサポートしておりませんが、Technology Previewの形ではあるものの、MicrosoftからIPv6モジュールが提供されています。
  • このモジュールはWindows 2000 SP1向けにリリースされたものですが、後述する方法でSP2〜4にもインストールする事ができます。

インストール

  • http://msdn.microsoft.com/downloads/sdks/platform/tpipv6.asp から、Microsoft IPv6 Technology Preview for Windows 2000をダウンロードします。ここでは"D:\temp"にダウンロードした事にします。
  • ダウンロードしたファイル"D:\temp\tpipv6-001205.exe"を実行すると解凍先を聞いてくるので、好きな場所を指定します。
    • 初期値は"C:\IPv6Kit"とあまり美しくないので、下図の様に".\IPv6Kit"としてダウンロードした場所に展開してしまいましょう。

extractdir.png

  • SP1の人はそのまま D:\temp\IPv6Kit\setup.exe"を実行すればIPv6関連ファイルがシステムにインストールされます。SP2〜4の人は次の様な若干の作業が必要です。
    • コマンドプロンプト(Win9xの頃はDOS窓なんて言っていたアレです)を開き、D:\temp\IPv6Kit に移動して、setup.exe に-xオプションを付けて実行します。

D:\temp\IPv6Kit>setup.exe -x

    • すると、ファイルの展開先を訪ねる「Choose Directory For Extracted Files」というダイアログが現れますので、この図の様にfilesというディレクトリを作って展開しましょう。

choosedir.png

    • D:\temp\IPv6Kit\files に移動し、テキストエディタで"hotfix.inf"を開きます。
    • "NtServicePackVersion=256"と書かれた個所を見つけ、この値をSP2なら512、SP3なら768、SP4なら1024にします。下記はSP4の例です。
[Version]

    Signature="$Windows NT$"

    NtBuildToUpdate=2195
    NtMajorVersionToUpdate=5
    NtMinorVersionToUpdate=0
;    NtServicePackVersion=256
    NtServicePackVersion=1024         ;SP4の例
    NtMinimumServicePackVersion=256
    HotfixNumber=%HOTFIX_NUMBER%
      :
      :
    • D:\temp\IPv6Kit\files\hotfix.exe を実行すると、IPv6関連ファイルがシステムにインストールされます。
  • 再起動を促すダイアログが現れますので、仕方なく再起動します。
  • ローカルエリア接続のプロパティを開き、インストール→プロトコル→追加の順でクリックすると、選択肢に"Microsoft IPv6 Protocol"が増えていますので追加します。ここでは再起動しなくて済みます。
    • LANカードが複数ある場合は、どれか一つに追加すると全てのLANカードにIPv6が導入されます。
  • これでWindows2000でもIPv6が利用できるようになりました。次の様なコマンドが利用可能です。
ipv6.exe
ping6.exe
tracert6.exe
ttcp.exe
6to4cfg.exe
ipsec6.exe
更新日時:2005/01/25 15:57:15
キーワード:
参照:[IPv6なマルチキャストを試してみる] [v6活用研究会's Wiki]