Ruby Install Guide::BeOS

ruby1.8.3 のビルドの仕方(--prefix を使用しない場合)

追記:1.8.3に含まれるparse.cはbison2.xで作られていて、これを使ってmakeするとSEGVするらしいです。BeOS に付属する bison はバージョンが古いので、この影響を受けません。配布ソースからビルドする人は、まずparse.cを削除することをお勧めします。

autoconf が必要な場合(cvs checkout をした場合など)

ruby_1_8 でも autoconf 2.58 以上が必要ということになっていますが、実は configure.in の最初の AC_PREREQ(2.58) を AC_PREREQ(2.50) に書き換えれば autoconf 2.50 でも動いてしまいます。

autoconf 2.50 は修正なしに BeOS でも動くのでこの対処でもよいですが、それ以降のバージョンの autoconf を BeOS で使う場合には、autoconf の側に修正が必要になります。

  1. GNUのサイトから autoconf 2.59 のソースをダウンロードします。
  2. ソースを解凍した後、lib/Autom4te/XFile.pm にある sub lock を探し、これを無効にします。sub lock_ などに名前を変えて、sub lock {} というダミー関数を作ると良いでしょう。
  3. BeBitsなどから perl を入手し、インストールします。
  4. autoconf のソースディレクトリに移動し、configure --prefix=/boot/home/config, make, make install を実行します。


The RWiki